2017年12月8日金曜日

TY−ぎんすり:2


 取り付ける刃の形状を加工して、ぎんすりに取り付けて使うこともできます。この刃を使って革の表面を荒らすと、下の画像のようになります。



 革の端から3ミリは削られる事なく、その内側を5ミリ幅で削っています。刃の形状によって、このような変則的な荒らし方をすることもできます。