2017年8月10日木曜日

NEW HOME:LITTLE WORKER − その1


アメリカの大手ミシンメーカーの一つであった
NEW HOME の古いミシンです
会社の起源は1860年頃に遡るようなのですが
詳しいことは 私にはわかりません

ご覧のように ミシン本体も木製台も
劣化が激しくて ぼろぼろです



小型ですが 上下の糸で縫うミシンです
こんなに錆びているのに
ハンドルを回すと
予想外の軽さで回りました



欠損している部品もあったのですが
ボビンとボビンケースが付属していたので
何となく 再生できそうな気がしました

JANOMEの起源となる会社が 1920年代はじめに
このミシンを コピーして作っています
上下の糸で縫うミシンとしては
国産で最初のミシンだったようです

その後 1960年には
JANOMEが NEW HOME を買収しています
NEW HOME について JANOMEの社史には 
当時101年の歴史があったと書かれています

 敗戦後15年
40年前に手本としたアメリカのミシンの会社を
時を経て買い取ったのですから
当時のJANOMEの関係者は
相当うれしかったのではないかと想像されます
 達成感と充実感があったことでしょうね

***

この 程度の良くないミシンを
ある程度は見られるようにすることを
目標に調整しました

晩ごはんを食べてから始めて
時間は 翌日の朝まで
できれば 早めに寝ること
 
結果は 次回に