2017年7月5日水曜日

オーストラリアン ストランダー1:改造編


オーストラリアン ストランダーという名称で
レザークラフトのカタログに掲載されている
細い革ひもを切る時の道具です

だいぶ前に買い 試してみたものの
作りも使用感も好みではなく
すぐに しまい込んでしまった道具でした

でも 今回この道具を
私なりに
少し使いやすくしてみました



ちょっと改造した後の画像です
革を押さえる棒の部分の操作性が
とても嫌だったので
押さえ棒部分に 少し手を加えました



改造したのはこの部分
ナットを一つ加えてロックナットとし
革を押さえる棒の取り付けネジを
固定してしまいました

付属のネジでは長さが足りなかったので
ネジを長いものに変えようと思いましたが
規格のわからないインチネジが使われていたので
まずは 本体側のネジ穴に
サイズの近そうな M4のネジ山を切り直しました 

そして 長めのM4ネジに取り替えて
押さえ棒が回転させられるネジの締め加減で
ロックナットでネジを固定したものです
ネジは回らないけれど
押さえ棒は自由に回る状態です

標準的な使い方では
革の厚みに合わせて 押さえ棒を
いちいちネジで固定するようなのですが
それは面倒なので 必要に応じて
自分の指で押さえ棒を操作することにしたのです

切り始めと切り終わりに 押さえ棒を
親指で軽く押さえるだけで十分な時もありますし
切る間ずっと 軽く押さえている時もあります
革に合わせてということですね

押さえ棒の操作は
この道具でイライラすることの一つだったので 
この改造で イライラ部分が一つ解消です



それから 替刃が長すぎて危険だったので
短い替刃にしました
他の道具の替刃として売られていますが
切れ味に問題はありません

これで 不用意に手を切る心配も
だいぶ軽減されるのではないかと思います