2015年2月16日月曜日

工作部屋の小型プレス機


家族の工作部屋に置いた小型プレス機
アーバープレス あるいは ラック式プレス
と言われるタイプ
中古だけど 磨いたのでけっこうきれい

アーバープレスは
機械部品の軸を入れたり抜いたりするのに使われる
土台がそのための形状なので
白樫の角材で 土台を平らに調整
形と大きさの微調整が必要で 面倒な作業だった

バネも自分で取り付けた
ほかに 手回しネジを付けたり ノブを付けたり
操作部分は使いやすくした
ボルトは1種類ではなくて
6Mと1/4インチのボルトが使われていた
ちょっと不思議だったけど
きっと何か理由があるのだろう



日ノ出アーバープレス No.0
この機種には打ち棒や菱目打ちが取付可能な穴が開いている
直径は12ミリ 深さはおよそ20ミリ
欲を言えば 深さは40ミリくらい欲しい

500キロと呼ばれることの多い このクラスの機種で
この穴の開いているものは少ない
開いていても 他の機種の穴は もっと小さい

重さは9キロと軽量
ハンドルに荷重を掛けた時の加圧力は
30kg時:434kg 50kg時:723kg 70kg時:1013kg
とあるページには このように書かれていた

使ってみると確かに十分な力がある
私の体重も十分以上にあるし・・・

画像の打ち棒は レザークラフト業界では
「大」と表示されることの多いカシメ用
一時期販売されていた 画像の軸の細いタイプは
そのまま取り付けることができるが
現行の打ち棒は太いので そのままでは入らない
入らなくても 使いようはあるが・・・



版を押したり 型抜きをするための 当板も作ってみた
当板の作り方がなかなかいい方法が思いつかず
決まるまでに時間がかかった
でも 良い感じにできた と思う

型抜きに使うときは
抜き型は小さなもの 革は薄いもの
そういう割り切った使い方をするのが良い

ビニプライ ゴム板 木材 ポリ板など
各種の補助作業台も用意した
これで このプレス機で想定した作業は
全てできる

性能の良い大きなプレス機よりも
家庭の工作部屋にはこれくらいがちょうどいい
レザークラフトの商社も
こういう家庭用を考えれば良いのにと思う

土台を平らにするだけで
レザークラフト用には最適な一台になると思う